東京・国立の超デカ盛り店『つり舟』 魅惑の3つの(秘)丼に男子が行列!

Day | 2015年8月26日

50turi1088fu12n1

8月26日(水)放送「ヒルナンデス!」で、男性客が殺到する人気店に女子だけで潜入する企画「女だけで行っちゃうンデス!」がありました。客の8割が男性(学生やサラリーマン)、料理が驚愕の超デカ盛りという、東京・国立の割烹料理店「つり舟」が紹介されました。なんとこちらに高さ40cmの超インパクト丼があるとのこと。

 

スポンサーリンク

 

高さ40cm丼の前に、まずはこちら・・・

shio381311661

「しおり丼」(1,200円)。サーモン、イクラ、マグロがたっぷりのった、ボリューム満点の海鮮丼。こちらは学生人気No.1の丼です。

ご飯をぎっしり400g入れた丼に、ネギトロを敷き詰め、納豆をのせます。そしてイクラとマグロの刺身をこぼれんばかりに贅沢にのせて、サーモンを華の形に置いて完成。

ちなみに「しおり丼」という名前は、お店の看板娘のしおりちゃんにちなんで、3年前に名付けたそうです。

ここでまたお得な食べ方が。お皿をもらい、丼の具を一度お皿に取り分けるとキレイに食べることができるのですが、さらにこのお店はご飯のおかわりが自由なので(お味噌汁も)、丼のご飯を一度食べた後、おかわりしてから取り分けた具材を刺身定食のようにおかずにしてまた頂くと、2杯以上もお得に食べられるのです。

 

この次もとんでもない丼が・・・

a19931

「穴子天丼」(1,200円)。30cmオーバーの穴子天がどーんと2本のったド迫力の穴子天丼です。豪快な見た目とは裏腹に、ふわふわな穴子の食感とダシも甘めで味に品があります。

使う穴子は30cm以上の国産のお穴子。肉厚で質の良いものだけを厳選しているとのこと。それをこだわりの国産大豆油で揚げれば、外はサックリ中はふんわりの極上の仕上がりに。

しかも巨大な穴子天の下には、玉ねぎ、茄子、かぼちゃ、サツマイモの4種類の野菜天ぷらも添えられ、健康にも気をつかった、超特大穴子天丼なのです。

ちなみにつり舟では、生もの以外、残したものはお持ち帰りOKです。

 

そして遂に、高さ40cmの仰天丼の登場!!!

1389_1-2

「かき揚げ丼」(3,240円)。高さは一升瓶と同じ40cm!これが1人前だという、もはや何が何だかわからない圧巻のかき揚げ丼!

このかき揚げの枚数は、なんと42枚!積み上げるのも至難の業で、この道27年のご主人でさえ苦労するほどの難しさ。

このかき揚げ丼、スタート時は4枚のせだったのですが、体育会系の学生が簡単に食べきってしまい、悔しかったので(←!)、食べきられるごとに3枚ずつ追加していったらこんな量になったそうです。42枚になってからはまだ制覇されていないとのこと。

またこの丼、調理に時間がかかるため1日1食の予約制となってます。男の大食い心をそそられるのか、この丼に挑戦したいお客様が毎日一人は来て、2週間待ちのお客様もいらっしゃるとか。

ちなみにかき揚げには、駿河湾産の香り高い上質な桜海老を使用しています。使う量はなんと500g!使う野菜の量もケタ外れです。180℃の油と190℃の油の2つで二度揚げることで、カラッと仕上がり、桜海老の風味も引き出されるそうです。量だけでなく味にもとことんこだわった丼なのです。

 

深川つり舟
東京都国立市東1-15-18 白野ビル2F [Google Map]
営業時間:11:30~14:00 / 17:00~21:00 (日曜定休)
TEL:0425-76-9910
公式サイト:https://www.facebook.com/fukagawa.tsuribune
[食べログ] [ぐるなび] [ホットペッパー]

 

スポンサーリンク