世田谷で話題のパン屋『ブーランジェリー スドウ』立派な高知産ナスがどっさりの豪快タルティーヌ

Day | 2015年9月18日

9月18日(金)放送「ヒルナンデス!」で「秋の人気パンめぐり」と題し、たんぽぽ白鳥とゴルゴ松本が都内で話題のパン屋を紹介。

世田谷線・松陰神社前駅の目の前にあるパン屋「ブーランジェリー スドウ」。パンの激戦区である世田谷で評判の人気パン屋です。

パティシエ出身の店主が作るパンは見た目も華やか。口どけにこだわった絶品パンが常時50種類ほど。

 

スポンサーリンク

 

 

「スコーン」(各170円〜 税抜)。

実はゴルゴ松本もこの店の行きつけで、ゴルゴの奥さんが大好きなのがこのスコーン。

 

「あん発酵バター」(340円 税抜)。

こちらもゴルゴの奥さんが大好きなパン。発酵バターを使い、あんがたっぷり詰めてあってとても美味しいです。

 

「季節野菜のフォカッチャ」(420円 税抜)。

旬の野菜を山ほどのせたフォカッチャ。

 

「須藤プリン」(290円 税抜)。

濃厚な卵黄が特徴の御養卵をたっぷり使った、お店自慢のなめらかプリン。

 

スポンサーリンク

 

「世田谷食パン」(1本2斤分 620円 税抜)。

“ご予約済パン”と毎日札が貼ってあるこの食パン。予約をしないと買えません。ちなみに予約はおよそ1ヶ月待ちになります。

天然酵母・ポップ種を使用した独特の香りと食感の食パン。しっとりと甘味もあって、大人気の一品です。

 

「那須粗挽きソーセージの豪快タルティーヌ」(420円 税抜)。

自家製天然酵母のフランスパンに、自家製ホワイトソースを塗り、粗挽きソーセージと北海道産きたあかりのマッシュポテト、さらにオリーブオイルでソテーした高知県産の肉厚な米ナスを豪快にのせます。

フランス産ゲランドの塩、パルメザンチーズ、ブラックペッパーをふりかけて、200℃のオーブンで15分焼き上げます。仕上げにナスの表面をバーナーで炙って完成です。

たんぽぽ白鳥「ナスがとろとろで、マッシュポテトが混ざり合ってそこに粗挽きソーセージがピリッと顔を出して、下のパンがパリパリで全部を包み込んでいます。(全ての食材が)一体感持っててめちゃくちゃ美味しいです!」とコメント

まさに秋こそ食べたい贅沢な一品です。

 

「ハニートースト」(280円 税抜)。

予約で1ヶ月待ちの世田谷食パンに、はちみつとバターをたっぷりしみ込ませ焼き上げたトースト。こちらもお店オススメの商品です。

 

ブーランジェリー スドウ
東京都世田谷区世田谷4-3-14 [Google Map]
営業時間:火〜土 9:00~19:00 (日月定休)
TEL:03-5426-0175
公式サイト:http://d.hatena.ne.jp/Boulangerie-Sudo/
[食べログ]

 

スポンサーリンク