船橋はあの海産物の水揚げ日本一!魚市場直営店で新鮮な海の幸を食す

Day | 2015年9月16日

9月16日(水)放送「ヒルナンデス!」で、今注目度上昇中の街「千葉県・船橋市」の秘密を探るべく、水トアナ・つるの剛士・篠原ともえ・嗣永桃子(ももち)さんらが船橋をブラリ社会科見学。

まずは船橋市の美味しいものが集まる、船橋駅から車で10分の「船橋市地方卸売市場」へ。

船橋漁港で揚がった新鮮な魚が毎日ここに集められます。

 

スポンサーリンク

 

ここで、船橋市で漁獲量日本一を誇るある2つの海産物があります。それがこちら・・・!

「スズキ」

全国の漁獲量8,968トンの中でも千葉県が2,324トンで1位なのですが、その中でも「船橋漁港」が829トンと、全国の漁港の中でも第1位の漁獲量となっています。(2014年データ)

 

「ホンビノス貝」

シジミやアサリより一回り大きい、かつて「白ハマグリ」と呼ばれていました。ハマグリよりも大きくて歯ごたえもあって美味しい貝です。

千葉県の漁獲量が1,057トンで全国1位。その中で船橋漁港が842トンという圧倒的漁獲量です(全国1位)。(2014年データ)

ちなみに相場価格は、ハマグリ(約150円/100g)に対し、ホンビノス貝(約70円/100g)と格安です。

 

スポンサーリンク

 

 

この漁港でとれたスズキとホンビノス貝の新鮮な料理を食べられるところが、

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

船橋市地方卸売市場内にある「寿し処 ひしの木」。

1日15食限定の「地魚定食」(1,500円 税抜)。

「ホンビノス貝の酒蒸し」「スズキの丼(刺身,炙り)」「スズキとホンビノス貝の酢味噌和え」「お味噌汁」など。

 

その日にとれた鮮度抜群なスズキは、刺身と炙りにして丼に。

これを食べた3人のコメント。ももち「新鮮!美味しい!」篠原「美味しい!噛みごたえがあって弾力がありますね」つるの「スズキの炙りぷりぷりしてて香ばしい!スズキは淡白なイメージがあるけど甘いですね」と大満足。

 

※実際の商品とは異なります 出典:www.city.funabashi.chiba.jp

※実際の商品とは異なります 出典:www.city.funabashi.chiba.jp

ホンビノス貝の酒蒸しは、新鮮な素材の味を生かすため調理はシンプルに、たっぷりの日本酒で酒蒸しするのみ。

そのホンビノス貝の味は…。つるの「ハマグリより身が大きいからぷりぷり感が増しますね!」篠原「噛めば噛むほど貝の旨味が出てきて美味しい!」水トアナ「美味しい!身がしっかりしてます」と絶賛の味です。

 

寿し処 ひしの木
千葉県船橋市市場1-8-1 船橋中央卸売市場 [Google Map]
営業時間:6:30~14:00 (日祝定休・市場定休日)
TEL:047-421-6111
[食べログ] [Retty] [ホットペッパー]

 

スポンサーリンク