日帰りはとバス南信州ツアー[後編] ドーナツ工場〜シクラメン〜フルーツ狩り

Day | 2015年9月28日

出典:prtimes.jp

出典:prtimes.jp

9月28日(月)放送「ヒルナンデス!」で、この秋予約殺到の日帰りはとバスツアー「南信州 花と味覚の収穫祭・お土産いっぱい詰め放題」コースが紹介されました。

東京新宿 〜 長野県駒ヶ根 へ向かうコース内容は次の通り。

・7:30 新宿駅西口 発
・9:10 双葉SA到着
・11:00 光前寺 (散策&門前グルメ)
・12:00 ビアンデさくら亭 (秋の味覚豪華ランチ)
・13:10 北川製菓 (ドーナツ工場見学)
・14:00 信州ナーセリー (シクラメン1個持ち帰り)
・14:40 フルーツ狩り (ぶどう・梨・りんご狩り放題、フルーツ2kg詰め放題)
・19:00 新宿駅 着

前回の放送では、出発〜ビアンデさくら亭(ランチ)までの前半が紹介されました。
日帰りはとバス南信州ツアー[前編]

今回はコース内容の後半パート。さらにお得なイベントが目白押しです。

 

スポンサーリンク

 

 

⑥ 珍しいお肉製品のお買い物

お昼に豪華なランチを食べた後は、ビアンデさくら亭内でおみやげを見て回りましょう。

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

長野県の名産品や自社製のオリジナル肉加工品など500種類以上取り揃えています。

また、ビアンデさくら亭はお肉屋の卸し業者直営店なので、馬肉や豚肉の加工品が非常に人気です。

 

「馬肉のハム 黒馬」(1パック 1,000円)。

ブラックペッパーでコーティングした燻製の馬肉のハム。

 

「豚・ごまウインナー」(1パック 600円)。

地元のゴマをたっぷり練り込み、コクと旨味が凝縮された、女性に大人気のウインナー。

 

「豚バラベーコン・わさび風味」(1パック 600円)。

信州名物のわさびをたっぷり入れたタレにつけ込み燻製にして作ったオリジナルのベーコン。ちょっと強めのわさびがクセになる一品です。

※お土産購入はツアー代に含まれません。

 

 

⑦ ドーナツ工場見学&極上プリン満喫

出典:taputapu.info

出典:taputapu.info

北川製菓駒ヶ岳工場へ着いたら、工場直売店の「ル・ノール・リヴィエール」へ。ツアー客限定で、バウムクーヘンの試食が振舞われます。

直売店で購入できる北川製菓の秋の人気商品です。

「キャラメリゼバウム」(1,587円)。

キャラメリゼバウムは地元駒ヶ根の新鮮なすずらん牛乳を使用。職人が一つ一つ丁寧に焼き上げている、口溶けなめらかでしっとり感のあるバウムクーヘンです。

 

そしてこちらも人気急上昇中のスイーツ

「熟生プリン」(410円)。

ウィーンで修行したパティシエが地元の食材のみで作る、超本格的生プリンです。

 

続いて工場見学へ。ドーナツの製造過程を見ることができます。

牧場のドーナツは水を使わず、八ヶ岳高原の牛乳のみで生地が作られます。生成された生地は途中でひっくり返されながら、1分40秒かけて揚げられていきます。

そして揚がったドーナツは、まだ熱いうちにシロップのシャワーへ。そうすることで蜜が中までしっかり染み込む絶品ドーナツに。

この工場では1日4万個のドーナツが生産されています。

 

「信州牧場のドーナツ」

成城石井でも販売している人気商品です。外側はカリッと中はしっとり。余分なものは入ってない純100%のドーナツです。

そして工場スタッフおすすめのドーナツの食べ方は、ドーナツを牛乳にひたして食べるとさらに美味しくなるそうです。

 

 

⑧ 好きなシクラメン1個お持ち帰り

昭和41年創業の「信州ナーセリー」。秋が見頃なシクラメンの栽培場を見学します。

こちらではシクラメン15万鉢を栽培。その綺麗さはまさに絶景です。

ここでは好きなシクラメンを1個お持ち帰りできます。バスツアー客限定で通常400円が無料になります。

シクラメンの選び方ですが、シクラメンは葉っぱの数だけ蕾ができると言われているので、花が多く咲くシクラメンになるには葉っぱが多い方を選ぶのが良いです。

さらに花の色は、白・ピンク・ピンクにふちが白・白に一部ピンクなど、様々な種類があるので、自分好みのシクラメンを探してみてください。

 

スポンサーリンク

 

⑨ 3種のフルーツ狩り放題で2kgお持ち帰り

長野県はフルーツ大国。秋のフルーツ生産量が全国トップ10入りしているほど。

昭和12年に開園したここ「熊沢農園」では、ぶどう・りんご・梨・もも・プルーンの5種類があり、アルプスの雪解け水で栽培しています。

9月頃の時期は、ぶどう・梨・りんごの3種類のフルーツ狩りが同時に楽しめます。

 

9月頃が旬の「アーリースチューベン」というぶどう。

アメリカ生まれのぶどうで、強い甘みと適度な酸味が特徴です。

ぶどう狩りのポイントですが、日陰のものより日光に当たりやすい所にあるぶどうの方が先に熟していきます。袋の下を開いてみて、実が赤いものはまだ早いので、黒いものを選んでください。

 

出典:sk-imedia.com

出典:sk-imedia.com

「幸水」という種類の梨。日本で一番生産量が多い定番の梨です。

特に熊沢農園ではアルプスの水で栽培しているので、果肉はやわらかくみずみずしく甘いと評判です。

なし狩りのポイントは、黄色いものを選ぶこと。熟す際に、青から黄色へ色が変わるので、全体が黄色くなっているのが食べごろです。

 

「紅奥」という種類のリンゴ。9月上旬が食べごろで、一般的なりんごより早めに旬を迎えます。酸味が少なく、とても甘いりんごです。

あまり日持ちしない繊細な珍しいりんごで、滅多に市場に出回らないので「幻のリンゴ」と呼ばれています。

りんご狩りのポイントは、太陽の陽が当たる場所になっていて、全体が均一に赤くなっているものを選ぶと良いです。

 

約50分間のフルーツ狩り放題、食べ放題を楽しんだ後は、りんごと梨の詰め放題。箱にりんごと梨を2kg詰めてお持ち帰りできます。

フルーツ狩りの食べ放題1,000円、詰め放題1,000円相当の値段はもちろんツアー代に含まれています。

 

以上、日帰り南信州はとバスツアーのオススメポイントでした。これらの盛りだくさんな内容のツアーが10,500円〜11,000円と大変お得な値段となっています。ご予約はお早めに。

 

はとバス
今回紹介した日帰りツアー:
「お土産重くてごめんなさい!南信州 花と味覚の収穫祭・お土産いっぱい詰め放題!」
2015年9月5日〜10月12日まで

公式サイト ツアー詳細
http://search.hatobus.co.jp/main/detail.php?id=21649

 

スポンサーリンク