舞台のチケットなしでも歌舞伎を体験できる『歌舞伎座ギャラリー』

Day | 2015年9月14日

出典:resemom.jp

出典:resemom.jp

9月14日(月)放送の「ヒルナンデス!」で、市川染五郎さんが銀座・歌舞伎座に隣接する「歌舞伎座タワー」の中の、歌舞伎を体験できるスポット「歌舞伎座ギャラリー」を案内してくれました。

出典:heritager.com

出典:heritager.com

「歌舞伎座ギャラリー」は、歌舞伎座タワー5Fにあります。4階建ての歌舞伎座の屋上とビルの5階はつながっていて、入ると見事な屋上庭園が広がっています。

5階には写真館や売店などのお店が充実してます。

 

スポンサーリンク

 

出典:kangeki2.blog

出典:kangeki2.blog

ここが舞台のチケットがなくても歌舞伎を体験できる穴場スポット「歌舞伎座ギャラリー」(入場料 大人600円/小・中学生500円)。

歌舞伎で実際に使われている道具を展示していて、触ったり写真撮影も可能とあって家族連れや女性に大人気なんです。

入ってすぐのこの巨大パネル、実は秘密が

幕をつかむ感じでパネルをバックに写真を撮ると、まるで幕を自分で閉めているかのような立体的な写真が撮れるんです。

そして入り口から中に進むと、

実際に舞台で登場する「馬」が展示されてます。そしてこの馬、乗れるんです。

またがって手綱をひくと、馬の頭が動く仕掛けになってます。こちらも写真撮影を楽しんでください。

 

さらにギャラリー内には、舞台上の音を奏でる小道具もたくさん展示されています。

音楽を生で演奏するのが歌舞伎の醍醐味ですが、動物や自然の効果音も生で道具で音付けするんです。

さざ波の音、雨の音、カエルの鳴き声などがこれらの道具で鳴らすことができます。どれが何の音を奏でるのか実際に触ってみてください。

 

舟や駕籠(かご)も展示されていて、こちらも実際に乗ることができます。

ちなみに駕籠の重さが20kgなのでかつぐときは気をつけてください。

 

続いては舞台セットのコーナーへ

歌舞伎の名作の一つ「菅原伝授手習艦」の寺子屋の舞台。その舞台を3分の1スケールで忠実に再現したのがこちら。

書道用具などの小道具や、生演奏をするための「黒御簾(くろみす)」という隠れた小部屋もあります。中を見学し楽器の演奏もできます。

そして歌舞伎の見せ場「花道」も。小道具の傘や花を持ってポーズをキメてください。

いろんなセットや道具が展示されている歌舞伎座ギャラリー。歌舞伎になじみのある方もそうでない方も楽しんでいただけます。

 

歌舞伎座ギャラリー「体験空間 歌舞伎にタッチ-しる・みる・ふれる・やってみる-」展
GINZA KABUKIZA 歌舞伎座タワー5階 [Google Map]
開館時間:10:00~17:30 (最終入館は17:00まで)
入場料:一般600円 / 小中学生500円(小学生未満無料)/ イヤホンガイド付き 1500円
TEL:03-3545-6886
公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/play/kabukiza/gallery/

 

スポンサーリンク