究極のブレンド米で味わう『銀座米料亭 八代目儀兵衛』の絶品京風親子丼

Day | 2015年10月27日

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

10月27日(火)放送「ヒルナンデス!」で、5ツ星お米マイスターが選ぶ、新米を使った名店として紹介されました。東京・銀座の「銀座米料亭 八代目儀兵衛」。

江戸末期から続く京都の老舗米店が、本当に美味しいお米を伝えるためオープンしたお店です。

こちらでは米を堪能するためだけのコースが話題に。

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

「米のフルコース」(6,990円〜)。

全品お米が入っているコース。「餅米と松茸の土瓶蒸風」「戻り鰹の餅米丼」など様々な米の味を楽しむことができます。料理に合わせて米の種類を変えるという徹底ぶり。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな「八代目儀兵衛」が誇る最高級のお米がこちら。

出典:komento.jp

出典:komento.jp

甘さ・つや・粘り・白さ・食感・のどごし・香り、7つの要素全てがある究極のブレンド米「翁霞 (おきなかすみ)」。

長野産夢ごこち・石川産コシヒカリ・京都産コシヒカリの3種類をブレンド。開発に3年を費やし、無数のお米を組合せ、ようやくたどり着いた理想のブレンド米です。

 

特製の釜で炊き上げたご飯は、まさに絶品。

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

もっちりした食感と粘りのある銀シャリ。噛んでいくたびに甘みが増していきます。お店オリジナルの「ごはんのお供」と一緒に食べればますます美味しくなります。

 

そしてこのご飯を、さらに引き立たせる京風親子丼がこちら。

出典:tabelog.com

出典:tabelog.com

「京のあんかけ親子丼」(1,410円)。

昆布ダシとくず粉であんかけ風に仕上げ、醤油はスプレー状にちらし、米の甘味をいかすためあえて薄味に。軽く炒めた鶏肉をあとのせすることでプリプリの食感を引き出した京風親子丼。

餡がお米一粒一粒にかかって、味のバランスも良く、すべてを一緒に運んでくれます。お出汁がやさしいのでお米の味が消えません。親子丼の具の味ともよく混ざり合い、お米の甘さがさらに際立ちます。

こちらの親子丼はランチ限定でご飯のおかわり自由となっています。

 

公式サイト:銀座 京都祇園の米料亭 | 京の米老舗八代目儀兵衛

 

 

 

スポンサーリンク